実家から届いたFL-80s、ピニオンギアが曲がってしまっているので、接眼部ごと交換して復活させます。以前からなにか使える接眼部ないかなー、と探すでもなく見ていたのですが、そんなとき目にしたのがbosohoshimisutoさんのブログ。VixenのFL-90sを笠井トレーディングの接眼部と交換されていました。FL-90sの鏡筒径はFL-80sと同じ90mmでピッチも同じ1mmのはず、ということは同じのがそのまま使えるはず。

ということで笠井のサイトを見てみたものの、ディスコンなのか同じっぽいのは見当たらず、bosohoshimisutoさんに相談させていただきました。その時は型番はわからなかったのですが、後日なんと笠井の蔵出し品として出ている、と教えてくださったではありませんか!!なんとありがたいお話、しかも絶妙なタイミングで蔵出し品が出てくるとは何という幸運!!
ほんとありがとうございます!!>bosohoshimisutoさん

というわけで届いたのがこちら。GS-200RCなどに使われている2インチリニアクレイフォード接眼部です。これに交換します。
IMG_20200520_050253

ここからちょっと難儀します。FL-80sの鏡筒に接眼部が固着してしまっていて外れません。ねじろうがこじろうが緩む気配がありません。そこで鏡筒の隙間にアルコールをたっぷり流し込んでやります。
IMG_20200520_050418

でひねってやると無事取れました。良かった。ε-(´∀`*)ホッ
IMG_20200520_050458

あとは笠井トレーディングの接眼部をねじ込んでおしまい。ちょっと鏡筒側のネジを切っている部分が長くて見えてしまっていますが、まぁ無問題。後でテープでも貼って隠してやりましょう。
IMG_20200520_051013

鏡筒バンドを取り付けて、ついでにレンズも清掃して完成。2"パーツが使えて、マイクロフォーカサー付きの最新構造で復活しました。でさて、これを何に使おうかな。
IMG_20200520_053457